逆求人に行ってきた

  • 書ける範囲の話を書きます。個別企業の名前は出しません。
  • オンラインでの話なのでそのあたり書けたらいいなと思います。

# ここで話すこと

  • ジースタイラスさんの逆求人について話します(2021/04/17開催)

# 当日まで

  • 事前にジースタイラス担当者の方と面談がひとつありました。ここではどういう内容で話すかとか、自分の強みなどを分析しました。自己分析というやつですね。
  • 僕はあまり自分の技術ややってきたことが大したことないと思ってしまっていたので、そのあたりもっと自信持っていいのではというアドバイスをされました。

# 当日の流れ

  • discordに集まり、開会式をしました。
  • 逆求人では事前に何枠という話はされますが、これ全てが埋まるとは限らなくて、その学生が企業から選ばれるかと、企業と学生の数によって変わってくるようです。今回は9社来られていて、僕が面談したのは4社でした。すべての会社と面談するつもりで企業について調べていたので、話したい企業と話せないと分かると寂しくなります。個別に個人で応募してみようかなと思います。
  • オンラインなので、ZoomのURLが来てそこに時間になるちょい前に入るという形で面談が進んでいきます。会社によってはGoogle Meetなどを指定されたりすることもあるようですが、私が体験した限りではZoomでした。面談が終わるとアンケートを書く必要があるので、シュッとすませましょう。
  • 面談する社が少ないと、空きコマのようになります。僕はこの間におやつを食べたり、discordで参加者の方とお話しました。
  • discordで閉会式があって終わりになります。

# 気をつけた方がいいなと個人的に感じたこと

  • 25分は短い。よくある流れとして、まず相手の名前を伺い、ロール(人事、エンジニア)を頭に入れて5分の自己PRスライド発表、終わり次第向こうからフィードバックが来たり来なかったり、そしてこちらから質問を投げたり向こうから質問/会社紹介/インターンの説明があったり、という感じで25分はあっという間に過ぎました。
  • 事前の下調べをしておくとよいです。僕は内容のある話がしたいので、うまくかっちりはまって内容のある話ができたときは非常に楽しくおしゃべりできました。HPで見て分かることを質問しても仕方ないので、少し深めの質問を心がけました。
  • 慣れてくると早口になる。同じ発表何度もすると慣れてきて早く口が回るようになりますが、ゆっくり話すように気をつけたほうがよいです。
  • スライドとジースタイラスの自己PR欄はちゃんと最新の情報で埋めておく。ここで決まるので、真面目に埋めましょう。僕は微妙に最新版ではない感じで提出しちゃいました...
  • アンケートは忘れず回答しましょう。