23卒エンジニア志望Slack主催LT vol.2 運営の振り返り

概要

https://connpass.com/event/215902/

はじめまして。私は、"23卒エンジニア志望Slack"という、主にWeb系のソフトウェアエンジニア志望の方々が集まるSlackで、運営役として何もしないを担当しております。今回春に行われた第一回に続き第二回のLTを行ったので、忘れないうちに振り返っておこうと思います。

工夫

今回運営としては、「LT登壇者が一番得をする」ことを念頭に置いて以下の工夫がなされました。

工夫1: タイトル締め切りを1週間前に置く

LTの前日徹夜で資料作りの準備をした経験はありませんか?あれやめたいですよね。運営としてできる工夫としては、前倒しの締め切りもどきを設けることでした。具体的には一週間前にリハーサルをdiscordで行い、かつ登壇者にはconnpassに載せるのでタイトルと希望順番を教えてください、とアナウンスしました。リハーサルでスライド0枚の方は多く、結局前日に仕上げた方も多かったのですが、一週間前に方針を確定させてしまうという、締め切りを強制的に設ける手法はある程度効果があったと思います。

工夫2: リハーサルを行う

discordに慣れていない方もいると踏んでリハーサルを行いました。運営側のテストにもなるし、実際これでdiscord慣れしていない方をサポートできたので効果があったと思います。

工夫3: フィードバックをLT登壇者に渡す

終わった後の懇親会で話題に上ったのですが、登壇者が得られるフィードバックは2種類ほどあります。ひとつはTwitterでハッシュタグをサーチすること、もう一つはYoutube LiveコメントやSlidoなどでコメントをもらう方法です。私は今回、匿名でクローズドな形のメッセージなら長文でフィードバックが来るのでは、という仮説を立てて、Google FormでLTごとに感想を送れるようにしてLT中はくどいくらいに宣伝を行いました。
 はじめは反応が微妙で失敗感あったのですが、少しずつ感想が増えて最終的に合計42通のメッセージを頂きました。仮説も検証できたので満足しています。どのような形でフィードバックを得るかはそのコミュニティの空気感に依存しています。それを踏まえて、運営としてLT登壇者が一番得をするということを念頭に置いていたので、感想を得て伝えることを大事にしていました。反応がもらえて嬉しいという方もいたので、これも工夫がうまく行ったのではないかと思います。

工夫4: 宣伝を行う

Twitterで宣伝を頑張りました。宣伝は苦手なので助かったという登壇者もいて、宣伝頑張った甲斐があるなあと思いました。本来こういう運営要素はソフトウェアエンジニアを目指すにあたって一ミリも評価されない非本質なのですが、そういった非本質を巻き取れたことはよかったんじゃないかなと。

反省や改善案

反省1: 配信トラブル

開幕直後にOBSでDesktop側の音声を二重に入力していたため、ハウリングするような形で音が二重になる現象が発生しました。複数人がdiscordでメンション付きで指摘してくれたのですぐに気づけました。しかし当時は原因も対応策も分からず、ガチャガチャしたら改善したので生きた心地がしませんでした...
 リハーサル含め個人的に3,4回Youtube Liveで素振りしてから臨んだのにこれだったので少し凹んでいます。
 さらに、配信途中、後半にYoutube側からサーバ接続を切られて音声と画像が飛ぶ現象が何回か起きました。(taskさんのところで長めに配信トラブルを起こしてしまい、marinaさんのところでも何度か接続を切られてしまいました) Youtubeはあまり活発でないアカウントが突然活発になるとリソースを絞ってくるとかあるのかな、と思いますが原因が特定できていないのでここは分かりません。

反省2: レビュー

今回23卒、エンジニアというかなり幅広いスコープに対してのLTだったため、登壇者はどこに焦点を絞ればいいか難しかったという声が多かったです。内輪でレビューするプロセスを入れておくべきだったかなと思います。しかし、このような丁寧さの果てにはカンファレンス級のLTになってしまうのでカジュアルさとのバランスは考えておくべきかなと思います。15分がどのくらいの分量が分からず省略してしまった方も多かったので、事前のレビューとそこからの改善を行う時間の確保に向けて、どう負担を意識させず誘導していくかというところが大切だと感じました。

反省3: 休憩を入れる

今回、最初の配信トラブルもあって休憩はなしでノンストップで行いました。休憩があった方がよかったのでは?という声もある一方で、オンライン会では休みがあると途中で離脱する可能性が高いと思うので、休憩中も何か面白いものを流しておくといいのかもしれません。5分で動画LTを募集してそれを2回繰り返し流すという案が懇親会で出て、なるほどと思いました。

次回案

LTする人は一部なので次も同じ形式にすると登壇者の不足が起こりそうです。次は思い切って電撃3分LTみたいな感じで別のことをやってみたいですね。あと、23卒Slackはそのうち閉じる予定なので、終わりはきれいに記念LTをしてさよならを行いたいと思っています。