カテゴリー: post

この記事は [広島大学 IT エンジニアアドベントカレンダー] の 9 日目です。
私は大学に Windows 機と Linux(Ubuntu)機の 2 台の laptop を持っていっています。空きコマにさあコード書くぞ〜!と思ったときに開くのはいつも Ubuntu。Linux 機の方が貧弱なスペックなのですが、コード書くまでにかかる時間は Windows より Linux の方が速いのです。(私は Windows では仮想環境で Ubuntu を立ち上げてその中で開発するのでそれはそう)
しかし Windows でも快適に開発したい!というわけで、自分なりに快適だと思った環境をメモしておきます。
Remote Development using SSHを見ると詳しくちゃんとしたことが書いてあるので、こちらも参考にしてください。

目標

環境

以下の環境で確認しています。

Windows 10 Home
Vagrant 2.2.6
VirtualBox 6.0.14
VSCode 1.41.0

ホストでインストールするもの

VSCode で必要な Extension

手順

Vagrant から仮想環境の立ち上げ
VSCode を立ち上げます。
File
Open Codeで Vagrantfile のあるフォルダを開き、Ctrl+`で VSCode 内でターミナルを開き、Windows のターミナルからvagrant upします。

SSH Configuration
はじめてのときは SSH 接続するために config を書いておく必要があります。
SSH Config
Ctrl+Shift+pで command palette を開き、Remote-SSH: Open Configuration FIle...を開きます。
次に、Windows のターミナルでvagrant ssh-configと打ち込みます(vagrant up した状態で、vagrantfile が存在するディレクトリで行ってください)
以下のような内容が出てくると思います。それを Remote-SSH で開いたファイルC:\Users\$UserName\.ssh\configにコピペします。
Config File
これで SSH の設定はできました。

SSH で仮想環境に接続する
以下の 2 点が達成できているでしょうか。

SVG を表示する
今回はテストなので、wget で SVG ファイルを引っ張ってきましょう。Testing SVG files in GitHub Gistsを利用しました。
仮想環境上のターミナルで、以下を実行します。

wget https://gist.githubusercontent.com/AmeliaBR/193a8f36eb637af1684201821afd5f66/raw/2f695692701db7be18333926b41b7e9c15944d73/basic-marker.svg

sandbox/以下にファイルが保存されました。
VSCode の Extension を入れます。SVG Viewerを入れました。このとき、SSH で接続した仮想環境上で開いている VSCode でインストールすることが重要です。 Extension がSSH:UBUNTU-Installedのようになっていれば SSH 接続先でその Extension が使えます。詳しくは Managing Extensionsを見てください。
これでファイルを開いてから svg viewer の機能を使えば SVG が見れるようになりました。VSCode のファイル上で右クリックして SVG Viewer の機能を選択すればよいです。

終了時
終わる時は SSH 接続を切って、vagrant haltを忘れずに。

Tips

ファイル管理はどうする?
Windows では共有フォルダを作ってやると npm install とかでうまくいかないことが多かったので、今は共有フォルダは作っているけどそこはほしいファイルをmv ./hoge ../host_directory/して移すために使っています。開発は共有フォルダではやらずに、git で管理するという感じです。

ブラウザとかどうする?
vagrantfile でconfig.vm.networkあたりを設定してあげるとそれほど困りません。
あと、Nuxt.js で開発しているときlocalhost:3000で立ち上げて Linux ターミナルのリンクをクリックしたら自動でホスト側のリンクに変換されて chrome で開いたのですがこの機能はなんですか…

ホスト → 仮想環境上にファイルを送りたい!
エクスプローラを開いて VSCode の EXPLORER にドラッグアンドドロップでファイルを送信できます。なんだこの便利機能…

終わりに

以上です。便利なので VSCode を使いましょう!
何か間違いや指摘などあれば、お手数ですが Twitter: @kaito_tateyamaまでお願いします。